長く使えるスタンダードな結婚指輪を購入しよう

お色直しは鮮やかに

ドレス

カラードレスは、白以外のドレスをさし、結婚式のお色直しなどで着用されることが多いです。教会式や人前式を行う人ならば多くの場合白のウエディングドレスをまず着用します。そしてその後披露宴も同じウエディングドレスで始めることが多いです。そして披露宴の中盤でお色直しで退場し、カラードレスや和装などに着替えて再登場することになります。実はカラードレスを着用する際は、昼の披露宴ならば肌の露出が少ないアフタヌーンドレスというドレスで、夕方から夜の披露宴ならば露出のあるイブニングドレスと呼ばれるドレスが正しいとされています。ですが、近年ではそういったマナーを気にする人も少なくなってきました。そのため、今後は昼夜の区別なく、着たいドレスを着るという文化が広まっていくでしょう。

カラードレスが人気の理由は、本当に自分に似合うドレスを探すことができるためです。肌の色は個人差があり、顔立ちや体型、色の好みも一人一人違います。ですが、ウエディングドレスといえば白を着用するものとされているため、色を選ぶことはできません。しかしカラードレスならば、自分の本当に好きな色や、似合う色を自由に選ぶことができます。デザインもウエディングドレスと比べて遊び心のあるデザインが多いので、選ぶ楽しみもひとしおです。また、和装も人気ではありますが、お色直しに時間がかかるという難点があります。それに比べるとカラードレスは比較的着替えは短時間ですむというメリットもあります。そういった実用的な面でも人気です。